世田谷で注文住宅を購入する時の費用まとめ

東京都世田谷区は、都心部に近いながら、静かな環境のため、住環境としてとても人気があります。あまりにも人気がありすぎて高級住宅街が出来るほどです。世田谷区が人気の理由のひとつは公園が多いことです。公園の数は大きい公園と小さい公園を合せておよそ300程になります。子育ての環境としては良い環境ですので、世田谷区に注文住宅を建築する人が増えています。注文住宅を建てる場合には、それなりの費用がかかります。特に世田谷区の場合には、地価が上昇していますので、土地を購入するだけで郊外で土地を購入する金額の5倍から6倍ぐらいはすると考えた方がいいでしょう。ちなみに世田谷区の地価は1坪およそ130万円から200万円ぐらいになります。日本の平均が1坪49万円です。

注文住宅にかかる費用の全貌とは

世田谷区に注文住宅を購入するならば、おおよそどれくらいの費用がかかるかの全貌を知っておきましょう。まず、住宅は本体価格があります。本体価格とは土地と建物です。分譲住宅の場合は土地と建物を同時に購入することになりますし、当然ばら売りは出来ませんが、注文住宅の場合は別々に購入をします。そして、普通は土地を先に購入してから建物を建てます。逆はまずあり得ません。本体価格以外は別途工事費用や諸費用がかかります。内訳を見ると、本体価格が全体のおよそ7割から8割ぐらいになります。別途工事費用は、幅広く工事をするのであれば高くなりますので、全体の2割ぐらいになります。普通は1割強ぐらいの割合になります。一方、諸費用はおおよそ1割前後に成ります。2割になることはまずあり得ません。

別途工事費用と諸費用についてはどうか

別途工事費用とはいったい何のことでしょうか。工事費用という名前からわかる通り、建物以外にかかる費用のことを指します。例えば、外構工事です。世田谷区の場合は高級住宅が多いので、しっかりとした外構工事を行っているところが多くなります。また、少し贅沢に庭を造りたい場合は造園費用としてお金がかかります。さらに、地震に備えて地盤改良をする場合の費用も別途工事費用に含まれます。では、諸費用とはなんでしょうか。基本的には税金や仲介手数料・登記費用がこれにあります。税金は都市計画税や固定資産税、不動産取得税などがかかります。仲介手数料は、不動産会社に買主が支払う手数料です。不動産取得についての手続きは大抵不動産会社の人が行ってくれますので、その手間賃のような物になります。

良質な素材のために東京組は、建材を自社開発しています。 すべて東京組が行うので、お客様からのご要望にも素早く対応します。 デザインと住みやすさを両立する住宅なら東京組におまかせください。 住宅で暮らすご家族のライフスタイルに合う家を作ります。 建てたら終わりではなく、永く暮らしていただくために東京組が住宅について出来る限りのサポートします。 世田谷で最高の家づくりを提供する注文住宅なら