世田谷の注文住宅にはこんな特長があった

世田谷区と言えば、高級な住宅街がある所として知られています。世田谷区が高級住宅街になったのはそれなりに理由があります。まず、世田谷区の地形に理由があります。世田谷区の地形はやや高台位置します。これに対して新宿や渋谷の当たりは低地になっているのです。普通、平地は人が集まりやすく、高台はあまり人が集まってきません。繁華街なども高台にあることは滅多にありません。大抵は、低地に集まるのです。それによって、そこに住む人は静かな環境で生活をすることができるのです。もう一つは、東京の中心地に近いと言う立地の問題です。中心部に近いことで、通勤が便利になります。そうすると自然に地価が上がっていくのです。このような理由から、世田谷区は高級な住宅街と言われ、注文住宅も多くなっています。

世田谷区の注文住宅の特徴について

世田谷区は、注文住宅がたくさんありますが、一般的な注文住宅と高級の注文住宅に分かれています。一般的の注文住宅は、そこら辺で見かける注文住宅と大して変わりません。ところが、高級な注文住宅は、一見するだけで普通の住宅とはまるで違うことがわかります。高級な注文住宅の特徴は、面積が広いことにあります。普通の住宅が3軒ぐらい入ってしまうような大きさの住宅も少なくありません。また内装も普通の注文住宅とは異なります。最近の住宅の特徴としては、リビングが大きくなっていることです。その住宅を建築した年代によっても異なりますが、最近の傾向は単に贅沢が強調されているわけではなく、家族が注目されています。家族がより集まり易いようにリビングを広くしてあるのです。このような特徴が一般的な特徴になります。

世田谷区で注文住宅を建てる場合の地価はどれくらいか

世田谷区は、高級住宅街として知られていますので、それなりに地価が高いのが特徴になります。では、注文住宅を建てるために土地を購入するにはどれくらいの費用が必要でしょうか。まず、世田谷区といっても広いですので、場所によって大きく土地の値段が異なります。安いところでは、一平方メートルあたり70万円ぐらいになります。ですが、高級住宅街と呼ばれているところでは一平方メートルあたり180万円ぐらいはします。例えば60坪を購入する場合であれば、土地だけで1億円を超えてしまいます。実際の豪邸は300坪ほどありますので、5億円はくだらないでしょう。その上に建物が建てられますが、やはり1億円ぐらいの豪邸な建物であることが多くなります。このように、最低でも数億円はかかるのです。