事前に把握する世田谷の注文住宅にかかる費用

東京23区の一つである世田谷区は、エリア全体が高級感があります。昔から世田谷ブランドを所有しており、高級住宅街の代名詞のような場所になっています。世田谷区が高級住宅街になったのは、都心部に近いことは当然ですが、高台が多いことも理由になっています。高台が多いと高級住宅街になり易い理由は、賑やかな場所になりにくいからです。例えば、新宿や渋谷といった場所の多くは、ビルが建築され、そこには多くの人が住んでいます。平地だと動きやすいため、多くの人が集まってきます。逆に高台は人が集まりにくく、静かな環境を作ることができるのです。世田谷区には、一戸建て住宅がたくさんあります。その中には建売住宅もありますが、ほかの地域よりも注文住宅が多くを占めています。

世田谷区に注文住宅を建築する場合

世田谷区に注文住宅を建築する場合の費用ですが、まず土地を購入する必要があります。もちろん、世田谷区が先祖墳墓の地で、始めから土地を所有している場合は別ですが、そうでなければ土地を購入しなければならないです。土地を購入する前には世田谷区の地価がどれくらいなのかを知っておいたほうがいいでしょう。世田谷区でも場所によって地価が大きく異なります。高級住宅街と呼ばれる高台の場所では、一坪200万円ぐらいと考えておいたほうがいいでしょう。注文住宅を建築する場合の面積は最低でも20坪は必要ですが、自動車を二台ほど駐車できるぐらいのスペースと少し庭が必要ならば坪数としては40坪もあれば十分と考えられます。すると土地代だけで8000万円ほどになってしまいます。

建物の費用や諸費用などはどれくらいか

土地を購入したとすれば、その後に住宅を建てることが必要になります。建物の費用はどのレベルの建物にするかで費用が大きく変わってきます。もし、玄関を開けたら虎の剥製があり、トイレや洗面所、キッチンなどの水回りは全て大理石が素材だとすれば1億円以上はかかるに違いありません。ですが、標準的な環境を求めようとしているのであれば2000万円から3000万円の間になります。では、諸費用についてはどれくらいかかるでしょうか。建物にかかる諸費用ですが、購入した住宅によって異なりますが、300万円ぐらいはかかると考えたほうがいいかもしれません。購入後は、毎年4回ほど固定資産税の支払いがあります。初期の段階で支払う費用も大事ですが、毎年支払う費用のことも頭の中に入れておく必要があります。